ワクチン・抗がん剤に慎重な医師たちの会

★現状の課題

 

医療現場では、ときに「本当はこうじゃないはずなのになあ」「こういう治療はしたくないなあ」と思うことも少なくない現状があります。特に、対処療法だけでなく、根本治療を目的とした、「治す医療」を重視する医師たちもおられますが、そういう患者の立場に立った医療をしたい医師たちは特に、そうお感じになられています。

 

現状では、そのような医師たちは医療現場では少数派ですので、他の医師たちと、医療に対しての考え方がすれ違うことがあります。本当に患者の立場に立って、根本治療を基軸とした医療をしたいが、現場では難しいことが多いため、孤独やストレスを感じる医師も多くいらっしゃいます。

 

★「ワクチン・抗がん剤に慎重な医師たちの会」の役割と目的

 

当会は、患者にとって良くないことは可能な限りしたくない、薬による対処療法だけに頼らず、根本治療を基軸とした医療をしたいという医師たちの受け皿となって、同じような考え方の医師たちが集い、互いに助け合える環境、意見交換できる場を創ることに貢献します。

 

そして、そういう医師に診てもらいたい患者さまを個別にご紹介いたします。紹介状をお出しします。

 

 

★同じ理念の医師たちが、真の人命救助のために互いを守り合う必要性

 

1.がん治療 = 抗がん剤コース だけではく、病気やガンになる原因を食や習慣などで免疫を上げる事などにより改善することが基本と考えている。患者の立場に立った治療を第一にしている。しかし、その実践が困難な場合もある。横のつながりが欲しいとお望みの医師がおられます。ぜひ、つながって、一つの力になりましょう。

 

2.抗がん剤、ワクチンなどは慎重になるべき重要な背景と理由があります。本当の人命救助が必要な時代になっております。

 

3.ワクチンや抗がん剤に慎重な医師たちは、個別では、なかなか主張ができず、また、大変な立場に立たされやすいのです。同じ理念の医師たちが相互に協力しあい、助け合いながら、互いに守り合い、助け合い、支え合う会です。

 

以下からお申込み可能です。無料です。

 

大変な時代になっていきますが、一人でも多く助けるべく、良心的な医療をする医師たちが、互いに助け合い、守り合って、人命救助を推進していく一助となれば幸いです。

 

坂の上零 拝

 

申し込み、お問合せ

★留意点

 

一度、「送信」アイコンをクリックされますと、メールアドレスへの送信完了通知はメールされませんが、

ちゃんと事務局にはあなたのお申込みメールは送信されているので、何度も、クリックしなくてもOKです。

 

事務局からの返信はタイムリーに素早くはできませんが、定期的にメールでお知らせ、報告、通知などが届きます。

 

ワクチン義務化に慎重なお医者さま、ぜひご応募ください。心よりお待ちしております。ありがとうございます。